自動車・軽自動車の相続(名義変更)はお任せください!

自動車を持っている人が亡くなったら、自動車の相続手続き(名義変更)が必要です

亡くなった方が自動車を持っていた場合、自動車の相続手続きが必要になります。
亡くなった方が生前に自動車を使われていたようでしたら、その自動車の自動車検査証(車検証)を確認しましょう。

確認するのは「使用者」と「所有者」です。

亡くなった方が「所有者」の場合

相続人全員で、誰が自動車を相続するか決めた後に、相続による所有者変更(名義変更)の手続きが必要です。

もし、その自動車を誰も相続しないで、廃棄したり売却したりする場合でも、まず相続による所有者変更(名義変更)の手続きをしてからになります。

販売店などが「所有者」で、亡くなった方が「使用者」の場合

自動車ローンが残っている可能性がありますので、「所有者」に対して残っているローンがあるかどうかを確認します。

ローンが残っていれば、相続人全員で、そのローンを誰が引き継ぎ、誰が「使用者」になるのかを決めた後に、相続手続き(「使用者」の変更)が必要です。

ローンが残っていなければ、相続人全員で、誰が自動車を相続するか決めた後に、相続手続き(「所有者」と「使用者」の変更)が必要です。

軽自動車の「所有者」が亡くなった場合

相続人全員で、誰が軽自動車を相続するか決めた後に、名義変更の手続きが必要です。

自動車を誰が相続するか決まらない場合も、手続きが必要

自動車の相続(名義変更)手続きが完了すれば、自動車税の納税通知書は自動的に新しい所有者に送られます。
しかし、相続する人が決まらない場合、ひとまず自動車税を納税する相続人代表者を決め、都道府県税事務所または市税事務所に届け出なければなりません。

自動車を誰が相続するか決まらない場合も手続きが必要なのです。

自動車の相続手続き

相続による自動車・軽自動車の名義変更は当事務所にお任せください!

相続による自動車の名義変更は結構面倒です。。。

相続による自動車の名義変更には、亡くなった方が生まれてから死亡するまでの戸籍謄本等、相続人全員の戸籍謄本、遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明書、さまざまな書類が必要になります。
特に戸籍謄本等を収集しての相続人調査や遺産分割協議書の作成は、専門的知識が必要なうえに、とても手間暇がかかります。

自動車の保管場所が変わる場合には、新しい保管場所で車庫証明を取得しなければなりません。

陸運局の管轄が変わる場合には、ナンバープレートも変更しなければいけません。

面倒な相続手続きは、すべてお任せください!

当事務所は、松本市をはじめ長野県全域で業務を承ります

当事務所は、長野県全域で業務を承っております。
相続手続きについてお気軽にお尋ねください。

【当事務所が業務を承ることができる市町村】

松本市、塩尻市、安曇野市、岡谷市、諏訪市、茅野市、駒ヶ根市、伊那市、飯田市、長野市、千曲市、須坂市、中野市、飯山市、大町市、小諸市、上田市、東御市、佐久市

東筑摩郡(山形村、朝日村、筑北村、麻績村、生坂村)
北安曇郡(池田町、松川村、白馬村、小谷村)
木曽郡(上松町、南木曽町、木曽町、木祖村、大滝村、大桑村)
上伊那郡(辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村)
下伊那郡(松川町、高森町、阿南町、阿智村、平谷村、根羽村、下條村、売木村、天龍村、泰阜村、喬木村、豊丘村、大鹿村)
諏訪郡(下諏訪町、富士見町、原村)
小県郡(長和町、青木村)
北佐久郡(軽井沢町、御代田町、立科町)
南佐久郡(小海町、佐久穂町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村)
埴科郡(坂城町)
北高井郡(小布施町、高山村)
下高井郡(山ノ内町、木島平村、野沢温泉村)
上水内郡(信濃町、飯綱町、小川村)
下水内郡(栄村)

行政書士

自動車の相続以外の相続手続きもご相談ください。

当事務所にご相談いただければ、面倒で難しい相続手続きをすべて解決いたします。
自動車の相続以外のこともお気軽にご相談ください。
ご依頼いただいた方にお手数をお掛けしません。

相続や遺言などのお悩みは、当事務所が解決します!

⇒「相続手続き」を失敗したくない
⇒確実に実現される「遺言書」を作りたい
⇒老後の不安をなくしたい

相続・遺言書・老後のそなえ(成年後見)について詳しく知りたい方へ

⇒「相続」に関するコラム
⇒「遺言書」に関するコラム
⇒「老後のそなえ」に関するコラム

slide2