松本市の相続手続きはすべてお任せください!

煩雑で面倒な相続手続きは、専門家にお任せした方が楽で安心です!

相続手続きに、多くの人が途方に暮れます・・・

身近な人が亡くなったとき、その後、いつまでに、どこへ行き、どのような手続きや届出を行えば良いかご存じですか?
ご存じない方がほとんどであると思います。
相続手続きなんて、一生のうちに何度も体験するものではありませんから無理もありません。

大切な人が亡くなった悲しみを堪えながら、残された方々は慌ただしく葬儀や法要などの手配や準備を行います。
それと同時に、様々な手続きや届出を行わなければならないことになります。
それが相続手続きです。

相続手続きの中には、期限が定められている手続きもあります。
期限が定められているとは知らなかったということが許されない手続きもあります。

相続手続きは、ほとんどの方が当事者になる可能性があります。
しかし、相続手続きのことなど、できることならあまり積極的には考えたくないものです。

そのため、いざ大切な人が亡くなったというときになって初めて、相続手続きの種類の多さ、煩雑さ、難しさに頭を悩ませ、途方に暮れてしまうのです。

相続手続きは面倒

相続手続きにはどんなものがあるのか

まず、亡くなった方の生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍謄本を収集し、相続人が誰になるのかの調査をします。
この戸籍謄本等の収集は、専門的知識が必要なうえに、とても手間暇がかかります。

そして、通帳や固定資産評価証明書などを確認して、相続財産にどんなものがあるかの調査。
公証役場などで亡くなった方が遺言書を残しているかどうかの調査。
遺言書がなければ、相続財産をどのように分けるのかという話し合いを相続人全員で行い、その全員が合意したら遺産分割協議書の作成。

土地や建物の相続登記。
税金関係の手続き。
金融機関で預貯金口座の名義変更。
保険会社関係の手続き。
自動車の名義変更。
戸籍や国民健康保険関係の手続き。
勤務先や会社関係の手続き。
借金の返済。

義務的な手続きばかりではありません。
やらないと損をする手続きもあります。
たとえば、マイレージの引き継ぎ。
インターネットサービスの解約。
ゴルフ会員権の名義変更。
デパート会員証や積み立ての引き継ぎ。

相続手続きは「これ」と一口に言えません。
人それぞれ。
手続きのために集めなければならない書類も様々。
だから相続手続きは色々な種類があり、煩雑で、面倒なのです。

相続手続きは煩雑

松本市(松本市近郊の市町村)の相続手続きは行政書士宮澤優一事務所にお任せください!

当事務所は松本市にあります。
相続手続きや遺言書の専門家です。

全国相続協会相続支援センターの会員でもあり、当事務所にお任せいただければ、提携している司法書士、税理士などとともに、すべての相続手続きをお任せいただくことができますので、お客様が煩雑な手続きに追われることはありません!

相談は無料です。
お宅に出張しての相談も無料です。
松本市はもちろん、松本市近郊の市町村も当事務所の業務可能範囲です。
お気軽にご相談ください。

slider1

松本市(松本市近郊の市町村)で相続や遺言書などのお悩みの方、ご相談ください!
当事務所が解決します!

⇒「相続手続き」を失敗したくない
⇒確実に実現される「遺言書」を作りたい
⇒老後の不安をなくしたい

相続・遺言書・老後のそなえ(成年後見)について詳しく知りたい方へ

⇒「相続」に関するコラム
⇒「遺言書」に関するコラム
⇒「老後のそなえ」に関するコラム

slide2

行政書士宮澤優一事務所がある長野県松本市とは

長野県は日本の屋根と呼ばれ、周囲を標高3,000m前後の高山が囲み、県内に諸山岳が重なりあい、北アルプス、南アルプスの名で親しまれています。

長野県に源を発する河川は8水系。
信濃川水系、姫川水系、関川水系の3水系は日本海に注ぎ、天竜川水系、木曽川水系、矢作川水系、富士川水系(釜無川)、利根川水系(馬坂川)の5水系は太平洋に注いでいます。

県内の平地は、これらの川の間にあって、およそ6地方。
千曲川流域は佐久平と善光寺平、犀川流域は松本平、木曽川流域は木曽谷、天竜川流域は伊那谷と諏訪湖を中心とする諏訪盆地等です。

この長野県の中央に位置する松本市は、1907年に市政を開始後、周辺の町村との合併を重ねて、今のような広大な面積をもつ松本市となりました。
国宝である美しい松本城があり、かつての城下町には明治以降に建築されたレトロな雰囲気の建物が多く残っており、ノスタルジックな町並みが魅力的な松本市は、多くの映画やドラマのロケ地にもなっています。
松本市の魅力は、自然や町並みの美しさばかりではありません。
松本市ではサイトウキネンフェスティバルが開催されたり、最近では松本市をホームタウンとするサッカークラブ「松本山雅FC」がJリーグのJ1に昇格しており、多くの松本市民が松本山雅FCを応援しています。
芸術やスポーツで活気がある街、それが松本市です。

当事務所の代表を務めます宮澤優一も松本市出身。
松本市はもちろん、松本市の近郊市町村も行政書士宮澤優一事務所の業務可能範囲です。