老後のそなえ

成年後見制度の活用で、老後の不安を解消します

認知症などにより判断能力が低下すると、介護施設を利用するための契約や財産管理を自分で行うことが困難になります。

また、金融機関等から、成年後見人を立てなければ、預貯金口座からお金を下ろすことができないなどと言われることがあります。

当事務所では、成年後見制度の利用により、高齢の方を支え、幸せな生活をお手伝いします。

成年後見制度とは

 

 

 

 

 

こんな方はぜひ当事務所にご相談ください!

50代、60代、70代・・・

年齢を重ねるごとに身体能力はもちろん判断能力も衰えてきます。
「自分のことは自分でやる」という気持ちはあったとしても、必ず、誰かの手を借りないといけないときがやってきます。

そして、判断能力が低下すると、色んなことをご自身で行うことが難しくなってきます。

・介護施設を利用するための契約
・医療を受けたり、入院をするための契約
・不動産の管理や売却などの処分
・現金・預金通帳などの財産管理

また、悪徳商法や強引なセールスの被害に遭ってしまう恐れもあります。

もし、認知症を患うこととなれば、医療や介護を受ける必要が生じた時、契約を結ぶ際の判断はおろか、どういった医療や介護を受ければ良いかという情報の収集すらできません。
ご自身でお金の管理がうまくできずに財産を浪費してしまい、本当に介護や医療が必要となった時にお金がなくてどうしようもなくなってしまったという例もあります。

こうした事態を避けるには、支援する方が必要になります。

しかし、親族といえども関係の良くない方に支援をお願いしたばかりに、財産をだまし取られてしまったという例もあります。

このような不安は、成年後見制度などを利用することによって解消することができます。

成年後見制度は、ご本人を代理して契約などの法律行為や財産管理を行い、ご本人をお守りし、支え、ご希望の生活が送れるよう支える制度です。

成年後見制度には、「法定後見」と「任意後見」の2種類があります。

 

 

 

 

 

当事務所にご依頼いただくメリット

当事務所は、成年後見制度、遺言書の作成、相続手続きや相続対策を専門的に行う事務所です。

行政書士という身近な街の法律家だからこそ提供できる4つの老後そなえサービスで、あなたの不安を解消します。

当事業所は、一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター会員です。

同センターからしっかりした指導と監督を受けています。安心してご相談ください。

「いつまでも自立した生活をおくる」
「亡くなったあとのこともきちんと準備しておく」

あなたのそんな想いにお応えいたします。

後見人の日常の仕事

 

 

 

 

 

当事務所が提供する老後のそなえサービス

見守りサービス

緊急連絡先の指定
病院や不動産会社などに対し、緊急連絡先として当事務所を指定していただくことができます。
そして、緊急時に連絡を受けた際は、病院に駆けつけたり必要な連絡を行うなど適切な対応を行います。

定期連絡による安否の確認
電話やメール等での定期連絡により、安否の確認をおこないます。

定期面談により、暮らしの困りごとや法律に関するご相談
定期的にご自宅などに面談に伺い、生活状況や健康状態を把握し、認知症の進行にそなえたり、適切な医療や介護サービスが受けられるよう支援いたします。

また、暮らしの中でお困りごとがあったときや、法律に関するご相談に応じ、適切な対処方法をご助言いたします。

当事務所で解決できない問題であっても、適切な窓口をご紹介するなど、最後までサポートいたします。

契約を結ぶ際のアドバイス・同席
医療や介護を受けるための契約や不動産の売買、賃貸など、重要な契約を結ぶ際に情報収集をしたり、確実な契約をして安心できるよう、契約書を確認するなどしてアドバイスを行ったり、契約の際には同席をいたします。

病院受診の付添い・診察の同席病院
病院での診察に立会い、医師から治療法の説明を受ける際に同席します。

貴重品の管理 金銭管理
預金通帳・保険証券・年金関係書類・実印などの貴重品を、当事務所が契約する銀行の貸金庫にて管理します。

任意後見契約

当事務所が任意後見人となり、契約などの法律行為を支援したり、大切な資産と生活の質をお守りします。
任意後見人にどのようなことを任せるかは、契約を結ぶ際に自由に設定することができます。

大きく分けて、次の2つのことをお任せいただけます。

A. 財産管理に関すること
財産管理とは、お客様の資産に関することや負債、収入・支出の内容を把握し、お客様の生活のために必要な支出を計画的におこないつつ、お客様の財産がなくなって困ることが無いように資産を維持していくことです。
例えば、以下のようなことをお任せいただけます。

・不動産などの財産の管理、処分、契約締結など
・銀行、郵便局など金融機関との取引き
・遺産相続、各種行政上の手続きなど

B .身上監護に関すること
身上監護とは、介護契約や施設入所契約など、お客様の身のまわりのお世話や療養看護に関することです。
例えば、以下のようなことをお任せいただけます。

・受診・治療・入院に対する契約締結や費用の支払い
・医師から治療法の説明を受ける際の同席など
・老人ホーム等の介護施設の入退所
・介護サービス利用等に関する本人との話合い・情報収集・利用手続き・契約締結・費用の支払いなど
・施設や介護サービスにおける処遇の監視とサービスに対する苦情の申し立てなど

死後事務委任契約

死後事務委任契約とは、お亡くなりになった後に必要なあらゆる手続きを、ご家族の代わりとなってお任せいただく契約です。

役所への死亡届の提出、戸籍関係の諸手続き
市区町村役場に死亡届を提出し、埋火葬許可証を受領します。
そのほか、住基カードや印鑑登録証、運転免許証などの返納手続をおこないます。

病院・医療施設の退院・退所手続き
担当医から死亡届提出のために必要な死亡診断書を受領します。
葬儀社と連絡を取り、ご遺体をお引き取りする手配を整えたのち、病室の整理や入院・入居費の精算などの諸手続きをおこないます。

葬儀・火葬に関する手続き
生前にご希望のあった方法で葬儀および火葬をおこないます。
会葬者や関係者への連絡をおこない、葬儀の主宰(喪主)を務めます。

埋葬・散骨に関する手続き
火葬後のご遺骨を、生前にご希望のあった墓地・納骨堂への埋葬、またはご指定の海へ散骨します。
お客様の死亡後、無縁墓になってしまうご先祖のお墓の墓じまいをおこないます。

住居引渡しまでの管理
大家さんや管理人、不動産会社と連絡調整をおこない、お住まいの片付けや売却手続きが完了し、引渡しをおこなう当日までの管理をおこないます。

住居内の遺品整理
清掃業者に依頼して、住居内の遺品の完全撤去をおこないます。
貴重品があれば遺産として選別・保管し、形見分けのご希望があれば、ご指定の方へ引渡しをおこないます。
パソコンや携帯電話、デジタルカメラ等は、ハードディスク、記録メディア等を破砕して処分いたします。

公共サービス等の解約・精算手続き
電気・ガス・水道のほか、電話や新聞、インターネットプロバイダ、クレジットカード等の解約および利用料金の精算などの諸手続きをおこないます。

SNS・メールアカウントの削除
Twitterやfacebookなどのアカウント削除をおこないます。
ご希望の場合はフォロワーや友達への死亡通知をおこないます。

遺言書の実現

遺言書に書かれた内容を実現することを「遺言執行」といいます。
遺言書の効力が発生するのは、遺言書の作成者が亡くなったときですから、遺言の作成者は本当にその遺言書が実現されるのかを見届けることができません。

そのような不安にそなえ、あらかじめご自身の代理人である「遺言執行者」を指定しておくことができます。
遺言執行者には、法律によって、遺言書を実現するのに必要な手続きをおこなうための、あらゆる権限を与えられています。

相続手続きのプロである当事務所に遺言書の作成と遺言執行者就任をご依頼いただければ、相続手続きでトラブルが発生する心配がなく、ご遺族の手をわずらわせる心配もありませんので、確実かつスムーズに遺言書を実現することができます。