松本市の遺言書作成専門家、行政書士宮澤優一事務所!

行政書士宮澤優一事務所は、長野県内全域が業務可能範囲です。

もちろん松本市(松本市近郊の市町村)も、当事務所が業務を承ることが可能な地域です。

遺言をお考えのお客様のお役に立てるように。
遺言をお考えのお客様にご不便がないように。
遺言でお悩みのお客様のご相談に全力で対応いたします。

相続人となるご親族や、遺言で財産を承継させたい方などが松本市以外にお住まいの場合でも、お気軽にご相談ください。
また、長野県外にお住まいの方で、相続人となるご親族や、遺言で財産を承継させたい方などが松本市にお住まいの場合でも、お気軽にご相談ください。

行政書士

遺言書は、家族を幸せにします。
遺言書は、自分自身が安心して幸せに長生きするためにも必要です。

戦前は、家督制度により長男が家を継ぐのが当たり前の慣習となっていました。
戦後、このような家督制度が社会の中で慣習となっていたにもかかわらず、新しく制定された民法は、慣習とは異なり、杓子定規に財産を平等に相続させることとしました。
これが相続争いの原因にもなっているのです。

この慣習と法律とのギャップを調整するのが遺言書です。
遺言書を残すことで、実態に合った財産分けが可能になります。
つまり、遺言書を残すことで、家族同士が相続をめぐって争いあう「争族」を防ぐことができるのです。

遺言書は家族を幸せにします

遺言書は、縁起が悪いものではありません!

遺言書と遺書を同じものと勘違いして、「縁起が悪いもの」と考える方もおられるかも知れません。
遺言書と遺書は全く別物です。

遺書は、死ぬために感情的なことを書くものです。
これに対して、遺言書は、残された家族に対する財産分けのことなどを記す、法律的な力を持った文書です。
遺言書によって将来の心配ごとを未然に取りのぞくことができるので、遺言書を書き終わると書いた本人の気持ちもスッキリし、安心する効果があります。
遺言書は家族の絆を深める効果もあります。
そして、遺言書は、自分自身が「安心して幸せに長生きするために書くもの」なのです。
遺言書は決して縁起が悪いものではないのです。

円満な相続のために遺言書を書きましょう

遺言書のことは、行政書士宮澤優一事務所にお任せください!

この美しい街、松本市にお住まいの方々が、安心して幸せに長生きをするお手伝いをしたい。
この松本市で、家族同士の争いごとを未然に防ぎ、家族同士の絆を深めるお手伝いをしたい。
行政書士宮澤優一事務所では、そんな想いをもって、遺言書作成や相続手続きのお手伝いをしております。

松本市で遺言をお考えの方は、遺言書作成・相続手続き専門の行政書士宮澤優一事務所へ!

行政書士宮澤優一事務所が業務可能範囲としている長野県松本市

長野県は日本の屋根と呼ばれ、周囲を標高3,000m前後の高山が囲み、県内に諸山岳が重なりあっています。
北アルプス、南アルプス(飛騨山脈、木曽山脈、赤石山脈)の名で親しまれています。

長野県に源を発する河川は8水系。
信濃川水系、姫川水系、関川水系の3水系は日本海に注ぎ、天竜川水系、木曽川水系、矢作川水系、富士川水系(釜無川)、利根川水系(馬坂川)の5水系は太平洋に注いでいます。

県内の平地は、これらの川の間にあって、およそ6地方に分かれています。
千曲川流域は佐久平と善光寺平、犀川流域は松本平、木曽川流域は木曽谷、天竜川流域は伊那谷と諏訪湖を中心とする諏訪盆地等です。

この長野県の中央に位置する松本市は、1907年に市政を開始後、周辺の町村との合併を重ねて、今のような広大な市となりました。
国宝である美しい松本城があり、かつての城下町には明治以降に建築されたレトロな雰囲気の建物が多く残っており、ノスタルジックな町並みが魅力的な松本市は、多くの映画やドラマのロケ地にもなっています。
松本市の魅力は、自然や町並みの美しさばかりではありません。
松本市ではサイトウキネンフェスティバルが開催されたり、最近では松本市をホームタウンとするサッカークラブ「松本山雅FC」がJリーグのJ1に昇格しており、多くの松本市民が松本山雅FCを応援しています。
芸術やスポーツで活気がある街、それが松本市です。

松本市も、もちろん行政書士宮澤優一事務所の業務可能範囲です。

slider2

相続・遺言書・老後のそなえ(成年後見)について詳しく知りたい方へ

⇒「相続」に関するコラム
⇒「遺言書」に関するコラム
⇒「老後のそなえ」に関するコラム

松本市(松本市近郊の市町村)で相続や遺言書にお悩みの方。
当事務所が解決します!

⇒「相続手続き」を失敗したくない
⇒確実に実現される「遺言書」を作りたい
⇒老後の不安をなくしたい

slide2